近刊検索 デルタ

1月23日発売予定

彩流社

装丁、あれこれ

桂川潤/著

本体価格:1,800円+税

判型:四六

openbd

日次:
123位
週次:
414位
月次:
783位

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本に生命を吹き込む「装丁」という仕事。

その過程から紡ぎ出される
「装丁」論および「出版文化」論。

「本」をめぐる真摯なる問い。
「理想の装丁とは何か」を徹底的に考える。

「装丁家」と名乗っても、まず何の仕事か
理解してもらえない。
「ブックデザイナー」と言いかえると
少しは通じるけれど、今度は
「本のデザインって、いったい何をデザインするんですか」
と訊ねられる。
かみさんは、わたしがこの仕事をするまで
「装丁」という職能を知らなかった。
「じゃ、本の《顔》と《姿かたち》を、
誰が考え出すんだい」と訊ねたら、
「そんなの自然に出来ると思っていた」と返されて絶句した。
だが、言われてみると、いっさいの作為を感じさせず、
自ずから生じたように映る装丁こそ、理想の装丁かも知れない。
(『図書』2014年11月号)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。