近刊検索 デルタ

2018年6月23日発売

メイツ出版

DVDでもっと美しく! 輝くフラ 上達のポイント60

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
★ 本場ハワイのコンペティションで、輝かしい実績を誇る監修者による
「ハワイアン・フラ」の本格レッスン!

★ 基本をしっかりマスターし、表現力に磨きをかけるコツを伝授。

★ 修正すべきポイントや、注意点を丁寧に解説し、確実にレベルアップ! !


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

初めて出版された本「フラ 魅せるポイント60」を、たくさんの方々に読んでいただいたおかげで、
この度2 冊目を出版することができ、大変嬉しく思っています。

またこの本の出版とともに、スタジオ「ナー・マモ・オ・カレイナニ」を開校して
20周年という特別な年を迎えました。

私は30 歳で「ナー・マモ・オ・カレイナニ」を開講しました。
若い頃に魅せられたフラは、エネルギッシュでスピード感があり、技がたくさんあるものでした。
足の膝を駆使して、身体を上下に激しく移動することこそが、フラの極みと感じていました。

50 歳になった今、私の中のフラに対する考え方もだいぶ変わってきました。
外から見えるものより、自分の中から湧き出てくる感情の表現を、より重視するようになりました。
また、複雑な技より、シンプルでベーシックな踊りこそが、
実はより難しく、そして一番美しさを秘めていると思うようになりました。

フラへの情熱の方向は変われども、フラにとって一番大切だと思うものは、
今でも変わることなく、基本に忠実な足のステップだと感じています。
ステップはただリズムをとるためのものではなく、フラの表現の土台となる部分です。
この本の読者は、年齢やキャリアにかかわらず、まずは足のステップからぜひとも練習してみてください。
何度繰り返し練習しても、ステップは終わりのない奥深いものなのです。

ハワイでは、フラは小さな子どもからお年寄りまで、幅広い年代の人が楽しんでいます。
それぞれの年代に合わせた踊りがあり、衣装があり、年齢とともにフラへの考え方も変わります。
ハワイの人にとって、フラとは人生そのものなのです。
日本にいる私達も、フラを心で感じてみてください。
きっとこのフラの美しさを、踊りとしてだけでなく、文化や精神として感じることができるでしょう。

ナー・マモ・オ・カレイナニ主宰 岡本聖子
著者略歴
岡本 聖子(オカモトセイコ)
15 歳の時にハワイ島ワイメアにある高校に単身留学し、初めてフラを習う。 その後米国カリフォルニア州、フランス、パリでの大学生活を経て日本に帰国。 高校の時に経験したフラが忘れられず、再びハワイへフラ留学のため渡米。 クム・アロハ・ダレリィ主宰の「ケオララウラニ・ハーラウ・オラパ・オ・ラカ」に所属し、 メリーモナーク・フラ・フェスティバルをはじめ、さまざま なコンペティションに出場しながらフラの神髄を学ぶ。 1998 年に帰国後は品川区五反田にて、クムアロハの許可のもと、フラハーラウ「ナー・マモ・オ・カレイナニ」を開校。 その後、日本、ハワイのコンペティションに出場し、数々の入賞を果たす。 2010、2014 年には日本からの代表ハーラウとしてメリーモナーク・フラ・フェスティバルの前夜祭への出場を果たす。 2013 年にはクムフラとしてのウニキの称号を授かる。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。