近刊検索 デルタ

2018年6月21日発売

メイツ出版

色えんぴつ画 上達のポイント61 構図と色づかいでステップアップ! 改訂版

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
★ 思い通りに表現し、美しく仕上げるためのヒントを、わかりやすく解説します!

★ ここで差がつく!
道具の上手な使い分け
消しゴムも表現手段のひとつ

★ 豊富な実践テクニック
ガラスの透明感や屈折を表現
動物をいきいきと、愛らしく


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

家の中を見回すと、何本かの色えんぴつを見つけることができるでしょう。

「色えんぴつ画」は色えんぴつと紙さえあれば、他に特別な用意をしなくてもすぐに絵を描くことができます。
この手軽さが大きな魅力といえるでしょう。
そして年齢に関係なく、いつからでも始められます。
また描いている途中で中断しても、好きな時に続きを描くことができます。

手軽に始められる「色えんぴつ画」ですが、高度で奥の深い表現も可能です。
さらっと描けば明るくメルヘン的な絵になりますし、塗り重ねれば重厚な絵に仕上がります。

描いていくうちに、「ここはどう描けばよいのか」と迷うことが出てきます。

この本で紹介する技法は、私が「色えんぴつ画」を描くにあたって生まれた方法です。
たとえば色えんぴつに4Hえんぴつをプラスすることで、静物の立体感や重さを簡単に表現できますし、
風景では木々の重なりや水の深さも表現することができます。

さらに、形の取り方やガラスの描き方についても、具体的なポイントを紹介しています。

絵はちょっとしたコツや工夫で格段に上達します。
そのコツがわかれば「色えんぴつ画」は俄然楽しくなるでしょう。

この本が、皆さんの「色えんぴつ画」の上達に少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

平尾倫子

※ 本書は2015年発行の「色えんぴつ画 上達のポイント61 構図と色づかいでステップアップ! 」を元に、加筆・修正を行った新版です。
著者略歴
平尾 倫子(ヒラオトモコ)
三軌会会員、評議員、審査員。 日本美術家連盟会員。 「一人でも多くの人に色えんぴつ画の魅力を伝えたい」という強い思いで、 読売新聞文化センター、京都新聞文化教室、朝日カルチャーにて色えんぴつ画の講師を務める。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。