近刊検索 デルタ

2017年9月22日発売

本の泉社

応能負担で暮らしと社会保障の拡充を

ー崩壊するアベノミクスをどう乗り越えられるか
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は2017年7月15日に「消費税廃止東京各界連絡会」主催の学習会での講演を基にしたものです。
目次
Ⅰ 世界と日本の新たな構図 Ⅱ 日米同盟強化のもとで「経済大国」「軍事大国」を目指す安倍政治 Ⅲ 「社会保障を良くするためには消費税率引上げが必要」という政府のウソ Ⅳ 日本の税はなぜ重いのか Ⅴ 社会保障に関わる財界戦略 Ⅵ 応能負担が社会保障を含む税制の原則 Ⅶ アベノミクスの崩壊 Ⅷ 労働者側・庶民側の「共同・共闘意識」の変化
著者略歴
日野 秀逸(ヒノ シュウイツ)
日野 秀逸 医師、医学博士(大阪大学)、経済学博士(東北大学)。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。