近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第一句集 開くたび遠き音する雪の木戸 常に自らの作風をきちっと守り右顧左眄しないところが蟷螂子さんらしい。その己を持するところは見ていて気持が良い。決して頑迷でなく素直な誠実な人物であるということも強調しておきたい。 (序より・有馬朗人) ◆自選十句 師がそこに居るだけで句座あたたかし 星座よりこぼれてきたる忘れ雪 風薫る島や葉擦れは唄に似て 頬を打つ一粒の雨昼寝覚 旅の始めに全天の鰯雲 流木に坐してしばらく秋の空 刻ながれやまず林檎の歯形にも 返り咲く木蓮にして粒揃ひ 封切れば雪の香すこし祖母の文 目つむりて山のこゑ聞く去年今年
目次
序・有馬朗人 序句・鈴木貞雄 阿吽の風  平成元年~四年 17 うすあかり 平成六年~九年 25 炉 火   平成十九年 33 虫の夜   平成二十年 47 春の鳶   平成二十一年 65 水と石   平成二十二年 83 夏雲   平成二十三年 105 蟻地獄   平成二十四年 123 鳥の声   平成二十五年 151 一粒の雨  平成二十六年 167 旅 人   平成二十七年 173 月夜 平成二十八年以降 193   あとがき
著者略歴
笹下蟷螂子()
昭和43年2月生まれ 平成元年 「愛媛若葉」主宰稲荷島人先生に師事 平成₉年 俳句中断 平成19年 「若葉」「天為」入会 平成20年 「愛媛若葉」同人 平成22年 「若葉」新人賞受賞 同年5月 「若葉」同人。鈴木貞雄先生に師事 同年9月 「天為」同人。有馬朗人先生に師事 現在 「天為」「若葉」同人 俳人協会会員

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。