近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第一句集
壇上の五歩踏みしめて卒業す

人生の前半の最大の山場を俳句と共に乗り切って来た、その俳句の力が、今後も最大限に生かされることと信じている。
(序より・鍵和田秞子)

◆自選十五句
みづからの定めし白に辛夷咲く
余震たびたび春ショールごと子を抱く
沙羅の花病む人へ風入れ替ふる
凍蝶の骨あるやうにとどまれる
口紅を拭ひ聖夜の管楽器
小寒の薬指もて死化粧
冬桜ほんのり紅き母の骨
立春大吉大地の色に髪染めて
桜蕊降れば唇人を欲る
鰭のごとなびく自由のアロハシャツ
色変へぬ松や主婦にもある同志
今日よりは臨月に入る良夜かな
乳房持つ幸せ春の土偶かな
栗を煮る午前二時より魔女となり
咲くごとく入学の日の点呼かな
目次
序・鍵和田秞子

第一章 肥後椿    ―熊本 9
第二章 母の骨    ―帰京 41
第三章 大地の色    ―近詠 105
第四章 卒業    ―家族の物語 159

あとがき

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。