近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第一句集 海芋俳句の特徴とは何か。まず、生命そのものと向き合い、捉えようとしている句があることだ。 シロナガスクヂラの浮上轟ける この句において、鯨と作者とが一体になっているのを感じる。鯨が海芋なのである。鯨を詠むことで、生きているということの手応えを、生きているということの歓びを、たしかに書きとめていると思うのだ。 (序より・小澤實) ◆自選十句 パンチングボール叩けば戻る夏が来た シロナガスクヂラの浮上轟ける 蛍羽化蛹をひかりはなれける 尾根に佇つわれに夏雲ちぎれ来ぬ 潜望鏡上げよさくらの夜なれば 脱ぎ捨ての水着表も裏も砂 方位磁針ぺかぺか揺れぬ枯野指し 宇宙ごみ宇宙をただよへる寒さ ヘッドロックかけられ君の汗にほふ コスモスの叢SLの終点は
目次
序     5 パンチングボール      23 聖樹     43 ゴムタイヤ    61 センパイ      79 脱ぎ捨て      101 河童      123 何か云へよ      145 並走     163 ヘッドロック     179 あとがき     196
著者略歴
野崎海芋()
1968年8月12日生まれ 2000年  「澤」俳句会入会、 小澤實に師事。 2008年 澤新人賞受賞。 「澤」同人 俳人協会会員

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。