近刊検索 デルタ

11月23日発売予定

ふらんす堂

穀象

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第六句集
穀象に或る日母船のやうな影

米の害虫だという
小さな虫に
穀象と名付けたことこそが
俳味であり、
俳諧です。
それにあやかって
句集名を『穀象』と名付けました。
(著者)

◆自選十二句より
生きてゐるかぎりの手足山椒魚
みしみしと夕顔の花ひらきけり
穀象に或る日母船のやうな影
水母また骨を探してただよへり
夜光虫の水をのばして見せにけり
極楽も地獄も称へ盆踊
菱の実をたぐり寄せれば水も寄る
ゆきずりのえにしがすべて親鸞忌
冬桜ときどき雲の繫がれり
見慣れたる枯野を今日も眺めけり
目次
穀象 5
水母 25
西日 43
盆 59
半日 77
冬桜 93
氷柱 113
凡人 133
巡礼 153

あとがき

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。