近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第二句集 バス停にバス待つやうに春を待つ 第一句集『玩具箱』 〈ふしだらといふ香水のあらまほし〉から、 さらなる新境地へ。 ◆行方克巳抄出 誤診なら笑つて許す油照り 肉滅ぶごと鶏頭の朽ちにけり バス停にバス待つやうに春を待つ 木馬にも銀のたてがみ風光る 裏窓も大阪の貌秋暑し 添ひ遂げるとは嗚呼けふも葱刻む 春色の海のしづくのピアス欲し 初夏や磨けば光る鍋やくわん 街騒の猥雑にしてあたたかし 蛇穴に入る母さんの胸豊か
目次
山笑ふ 5 バス停 55 昼寝 99 真つ直ぐに 131 あとがき
著者略歴
津田ひびき()
1942年 7月21日生まれ 1996年 知音入会 2001年 知音同人 俳人協会会員 2005年 句集『玩具箱』上梓

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。