近刊検索 デルタ

8月15日発売予定

信濃毎日新聞社

晴れた日は鴨を撃ちに

猟師になりたい!3
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
あの男が帰ってきた! 『猟師になりたい!』『山の近くで愉快にくらす~猟師になりたい!2』に続く人気猟師シリーズの第3弾。鹿やイノシシの食害が社会問題となっている昨今にもかかわらず、大物猟には見向きもしない鳥撃ち専門猟師の著者が空気銃を担いで溜め池や池をめぐる、狩猟免許取得後の3~5シーズン目の体験レポート。3冊目ともなれば、より実践的かつハイレベルな内容に進化し、鴨やキジをバンバン獲りまくる姿が読めるのか―との期待が膨らむなか、いつもの調子で猟を楽しみ、失敗し、泣き笑いしながら猟期をすごす、猟師の日常生活の体験記である。
目次
まえがき
主な登場人物

第1章 猟師引退寸前の4シーズン目と、ぼくが散弾銃を持たないと決めるまで
 ラストシーズンになるかもしれない
 歓喜の青首ゲットで引退の危機を脱出!
 最終日に決まった本当のコンビ撃ち

第2章 鳥撃ち5年目の泣き笑いダイアリー
 1 シーズン開幕!
 2 31年目の新人猟師デビュー戦
 3 痛恨のコガモ未回収
 4 狩猟ライター・小堀ダイスケ登場
 5 ジビエは観光の目玉になれるか
 6 空気銃をかついだシェフ
 7 貫禄のない還暦猟師
 8 ヤマドリ猟のヒーローは誰だ!?
 9 町おこし協力隊員、夢を語る
 10 サル観光とサル騒動
 11 狩猟最終日~ぬかるみで迎えた日没
 12 シメの儀式は鉄砲一斉検査

第3章 猟師たちの遊び方
 1 ぼくの鳥撃ち日常編(前編)
 2 ぼくの鳥撃ち日常編(後編)
 3 山でシシを追う!(前編)
 4 山でシシを追う!(後編)
 5 ツキノワグマの手を食べる
 6 鷹で鴨を狩る!
 7 やまのにく、売ってます!
 8 新名物「松本ピロシキ」を作りたい

あとがき
おまけ 北尾家のジビエ料理ざっくりレシピ
著者略歴
北尾トロ(キタオトロ)
1958年福岡県生まれ。ライター。2010年にノンフィクション専門誌『季刊レポ』を創刊、2015年まで編集人をつとめる。主な著書に『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』『いきどまり鉄道の旅』『全力でスローボールを投げる』『欠歯生活 歯医者嫌いのインプラント放浪記』など多数。2014年に本書の第1弾『猟師になりたい!』。15年に第2弾『山の近くで愉快にくらす―猟師になりたい!2』を信濃毎日新聞社から発行。長野県松本市在住。
日高トモキチ(ヒダカトモキチ)
1965年宮崎県生まれ。マンガ家、イラストレーター、ライター。京都精華大学マンガ学部講師。主な著書に『水族館で働くことになりました』『トーキョー博物誌―東京動物観察帳(全2巻)』『里山奇談』ほか。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。