近刊検索 デルタ

2018年1月12日発売

思文閣出版

技術と文明 41 21巻2号

21巻2号
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本産業技術史学会は、産業技術に関する歴史について調査・研究を促進し、その成果を社会に還元することを目的として、1984年7月に設立された。産業研究の各分野、経済学、人類学、日本史、工学等の広範囲の専門家による学際的交流の下で、産業技術史研究の基礎確立を目指す。本誌はその研究発表の場。
目次
■論文■

東京における工場用汽缶とその製造業者(今泉飛鳥)
―1889年「汽缶種類取調」を起点に―

「ナイロンの衝撃」と日本の蚕糸業の衰退(平野恭平・牧田久美)
―アメリカ市場の変容とGHQによるデザイン育成―

戦時期における「電力合理化」運動(佐竹康扶)

飛騨産業株式会社における曲木折り畳み椅子の変遷(中川輝彦・麓和善)
―昭和3年より昭和末まで―


■日本産業技術史学会第33回年会テーマセッション報告「日本の工学教育と産業連携(第2回)」■

工学部の誕生(馬渕浩一)
―産学連携の一視点として―

戦後日本の産学連携(橋本毅彦)
―東大生研を中心に―

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。