近刊検索 デルタ

2018年2月23日発売

商事法務

競争者排除型行為規制の目的と構造

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
忠誠リベートという行為は、競争者排除型行為の二つの典型的類型である排他的取引と不当廉売との境界に位置する行為類型であるため、その競争法上の扱いをめぐっては、海外でも見解が分かれている。本書は、忠誠リベートの競争法上の問題点に関する比較法的考察を通じて、競争者排除型行為規制の目的と構造を探求するものである。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。