近刊検索 デルタ

2017年10月31日発売

青弓社

ハッピーエンドに殺されない

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「cakes」の人気連載「女と結婚した女だけど質問ある?」、書籍化!

「ゲイやレズビアンが異性を好きになることもあるの?」「同性愛者の見分け方ってあるの?」「女性と交際していますが、男性の体が恋しくなります」――多様な性に関わる切実でストレートな質問や意見に真摯に向き合う連載エッセーから、人気上位とイチオシを30本厳選して大幅に加筆・修正。また、書き下ろしエッセーなど17,000字を増補。

結婚というおとぎ話のハッピーエンドを打ち破り、性にとらわれず「私を生きる」メッセージに満ちたエッセー集。
目次
はじめに

1 “私”ということ
 「女でよかった」と「男になりたい」をぐるぐる繰り返してしまいます
 私の性的指向、どうやって調べればいいの?
 異性とセックスしないと一人前になれない気がする
 恋人がいる人に恐怖心を抱いてしまう
 自分が愛と呼んでいるものが、本当に愛なのかチェックする方法
 「性的嗜好」と「性的指向」の違い、知ってますか?
 女性と交際していますが、男性の体が恋しくなります
 ゲイやレズビアンが異性を好きになることもあるの?
 叔父が私のパートナー。後ろめたさが消えません

2 人と関わるということ
 男女の友情ありえる派♀―ありえない派♂の間の事故防止策
 同性愛者だと両親にばれたら泣かれてしまう。そう思うのがつらいです
 「うわーレズじゃん」みたいなのがよくある女子校
 異性と恋愛するより、同性の親友と暮らしたい
 職場の飲み会がいやすぎて吐きそうです
 女同士のカップルに「マジで?3Pしよう」って言っちゃう人多すぎ問題

3 考えたこと
 六歳児「お姉さんも早く結婚して赤ちゃん産めるといいね!」
 マンハッタンのレズビアンクラブで
 大事な友達が性暴力被害に遭っていたので
 私のまんこは私のものじゃなかった
 ゲームは役に立たない、と思っている君へ
 思い出のコンテンツ
 理解できる範囲に押し込めて「理解した」って言うな
 「人を嫌いな人は嫌いだ」――アメリカ大統領選からみる多様性の嘘
 働かざる者もべつに食ってよくね
 メンチカツ食ってミス日本
 やりたい仕事で稼げていないときに、自分の心を守る方法
 「奴隷契約」はなぜ続く――芸能界に入って七年で思うこと

4 話したいこと
 授業中に突然AV女優の名前を叫ぶ芸で男子から大人気だったBくんへ
 何を聞いても誰といても自分の趣味の話しかしなかったAさんへ
 「専業主婦になりたい」って言っておけばなじめる気がしていた
 同性愛者の見分け方ってあるの?
 芸能界で振りかざされる「プロなら脱げるはず論」
 フランスのレズビアン向け出会い系サイトにハマった
 パフォーマンスとしてのハピネス

物語の続きを

本書で言及した書籍などの一覧

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。