近刊検索 デルタ

2017年9月25日発売

新曜社

大ヒットアニメで語る心理学

「感情の谷」から解き明かす日本アニメの特質
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆何が観客の心をとらえているのか
 長編アニメーションの人気が近年ますます沸騰し、幅広い支持を得ています。二〇一六年には『君の名は。』が記録的な興収をあげ、『この世界の片隅に』はアニメーション映画として史上初めて日本映画監督賞を受賞しました。『アナと雪の女王』や『進撃の巨人』の大ヒットも記憶に新しいところです。これらの作品の何が観客の心をとらえたのでしょうか。そのストーリーの組み立て方や作画の仕方に共通して見られる心理描写の特徴を読み解き、作品のヒットを通じて見える現代社会の心模様を考察します。帯に『この世界の片隅に』片渕須直監督と、『君の名は。』安藤雅司作画監督からの推薦のことばを掲載。
目次
大ヒットアニメで語る心理学 目次
はじめに

第一章 アニメーション世界のリアリティ
 『パーフェクトブルー』
 キャラクターのリアリティ
 ストーカーのリアリティ
 情念の受け皿

第二章 主人公の回心
 『太陽の王子ホルスの大冒険』
 ヒルダ
 ヒルダの回心のきっかけ
 現代のアニメーションへの流れ

第三章 「感情の谷」理論
 感情の谷
 ヒルダと未麻の場合
 統合失調症の発病過程
 『ブレイブ ストーリー』─異界での出会い
 『バケモノの子』─異界での成長
 『千と千尋の神隠し』─異界への誘い
 臨死体験と回心
 まとめ

第四章 アニメーションの動きの軸・仲間関係
 『進撃の巨人』
 アニメーションの動き─二つの軸
 鈍重?軽快
 自然?不自然
 激情から無意識へ
 エレンの巨人化
 ミカサ
 まとめ

第五章 『君の名は。』
 大ヒット
 映画的空間での飛越
 キャラクターの飛越
 映画的時間の短縮
 並行空間での飛越
 感情の谷の造形
 感情の谷のその後
 まとめ

第六章 『この世界の片隅に』
 オープニング場面
 頭と手足が大きいということ
 日常の表現
 すずさん
 北條家
 まとめ

第七章 『アナと雪の女王』
 はじめに
 エルサ
 愛情は表現するもの
 ア ナ
 レット・イット・ゴー?ありのままで?
 まとめ

第八章 『レッドタートル ある島の物語』
 はじめに
 物 語
 感情の谷の欠如
 レッドタートル
 まとめ

終 章 アニメーションの力

おわりに

■装幀=吉名 昌(はんぺんデザイン)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。