近刊検索 デルタ

2017年10月26日発売

鈴木出版

ヴィジブルな保育記録のススメ

写真とコメントを使って伝える
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「保育の質」が問われている近年。写真とコメントを使って作成する“ヴィジブルな=目に見える”保育記録は、子どもの姿・発達が目に見えてわかりやすいだけでなく、保育者同士の情報共有や保育の振り返りができることで、保育の質の向上につながります。また、保護者にとっては、子どもの育ちや園の保育への理解につながり、子ども自身にとっては、自分の記録を見ることで自己肯定感が高まる…という、さまざまなメリットがあります。 本書では、ニュージーランドで実施されている保育記録「ラーニング・ストーリー」を参考した保育記録を可視化する取り組みのポイントと、実際にヴィジブルな保育記録に取り組んでいる園の実践例を紹介します。
著者略歴
小泉裕子(コイズミユウコ)
小泉裕子 / 鎌倉女子大学児童学部教授。幼稚園教諭の経験を生かし保育者養成に携わる。保育者の専門性に関する研究、子育て支援の体制作りに関わる。社会的活動として厚生労働省社会保障審議会福祉文化分科会専門委員、鎌倉市児童福祉審議会委員、鎌倉市子ども・子育て会議委員等。
佐藤康富(サトウヤストミ)
佐藤康富 / 鎌倉女子大学短期大学部教授。小学校及び幼稚園の現場経験をもとに、保育のあり方や幼児の学び、教育の連続性について考える。専門は幼小連携、幼児の学びのアセスメント、現職教員研修。社会的活動として神奈川県私立幼稚園連合会の特別研究部会講師、川崎市子ども・子育て会議委員等。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。