近刊検索 デルタ

2017年9月25日発売

清文堂出版

戊辰戦争と「奥羽越」列藩同盟

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本格的な実証研究が現れなかった奥羽越諸藩の動向に、全面的に光を当てる。敗者となった結果からさかのぼる視点を脱却し、諸藩がどのような条件や価値観のもとで、政治選択を積み重ねていったのか、京都での活動も視野にいれながら叙述する。非「奥羽越」諸藩と米沢・仙台・会津・上山各藩の連携の可能性が示されるなど、新政府をとりまく政治情勢が流動的であったことを示唆する、維新史研究に新たな地平を切り開く業績。
目次
序章 本書の課題と方法 第一部 「奥羽」列藩同盟の結成 第一章 幕末期の上山藩と南奥羽諸藩 第二章 幕末仙台藩の自己認識と政治動向 第三章 王政復古政変前後における仙台藩と米沢藩 第四章 戊辰戦争期における奥羽連合構想の諸相 第二部 「奥羽越」列藩同盟への展開 第五章 越後における諸藩の地域的連携動向 第六章 奥羽諸藩と北越諸藩の連合 第三部 非「奥羽越」諸藩との連携の可能性 第七章 討会と討薩をめぐる京都政局 第八章 列藩同盟と非「奥羽越」諸藩連携構想 第九章 列藩同盟と肥後藩 終章 本書の成果と課題 あとがき 索引
著者略歴
栗原 伸一郎(クリハラ シンイチロウ)
◎栗原伸一郎(くりはら しんいちろう)……1975年生 博士(文学) 現在、宮城県公文書館公文書等専門調査員

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。