近刊検索 デルタ

2018年1月18日発売

草思社

雨かんむり漢字読本

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
雨かんむりの漢字には、物語がたくさん詰まっている

「霽」(さい、はれる=晴れる)は雨かんむりの漢字だが、晴れるという意味を持つ。雨なのになぜ晴れの意味を持つのか。漢字の起源は呪術から始まっていると言われる。呪術師の重要な役目は「雨乞い」なので、いつ雨が降り出すのか、いつ止んでしまうのかに関心があった。「晴れ」という概念は無きにひとしく、「雨が止んだ時」という意味で「霽」が使われたのだ。雨の漢字をひもとくことで漢字の起源や中国の歴史や文学にも触れることができる、無類に面白い漢字エッセイ。
目次
雨かんむり漢字読本・目次
Ⅰ 雨の章
 天から降るものは何もかも雨 
 三日続けば霖、一〇日だと霪?
 涙はこぼれて零になる 
 霤と反逆者たちの系譜 
 永遠の命は露とともに 
 鬼の霍乱と男装の麗人 
Ⅱ 雲の章  
 雲は空想力をかき立てる! 
 深い霧のその中で 
 霞の色はどんな色? 
 大地に霾が吹き荒れて 
Ⅲ 雷の章 
 雷は激しく鳴り、電は鋭く光る 
 大地が震えるそのわけは? 
 霹靂という名のハイテク・カー 
Ⅳ 雪の章  
 すべてを雪に流しましょう 
 歴史の雹と文学の霰 
 わびしい霙の美しさ 
 厳しさは秋の霜のように 
Ⅴ 晴れの章 
 神よ、明日は霽れますか? 
 薄くてはかない霓の魅力 
 幽霊と需要と舞雩の台
著者略歴
円満字 二郎(エンマンジ ジロウ)
一九六七年、兵庫県西宮市生まれ。大学卒業後、出版社で国語教科書や漢和辞典などの担当編集者として働く。二〇〇八年、退職してフリーに。著書に、『ときあかし辞典』『部首ときあかし辞典』『漢字の使い分けときあかし辞典』(以上、研究社)、『漢和辞典的に申しますと。』(文春文庫)、『数になりたかった皇帝漢字と数の物語』(岩波書店)などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。