近刊検索 デルタ

2017年10月16日発売

SBクリエイティブ

超一流の手帳はなぜ空白が多いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「ビジネスパーソンの手帳は、予定やタスクでびっしり埋まって一人前」 そう一般的に思われているが、じつは、超一流の手帳はむしろ「空白」が多い。 そこで本書では、高級外国車業界で、その圧倒的な実績から伝説の存在となり、 現在コンサルタントとして活躍している高塚苑美氏を著者に迎え、 超一流の手帳の空白の秘密を解き明かしながら、 仕事ができるビジネスパーソンになるための手帳の使い方を解説する。
目次
第1章 超一流の手帳に空白が多い理由 第2章 生産性が劇的にアップ!超一流の手帳10のルール 第3章 「ワンランク上の手帳」にするための、小さな工夫 第4章 手帳の使い方を変えると、人生が変わる
著者略歴
高塚 苑美(タカツカ ソノミ)
1999年に同支社大学を大学卒業後、起業を志し単身ニュージーランドへ渡る。帰国後、静岡県浜松市のイタリア車ディーラーにアルバイトの受付嬢として入社。運転もできない状態から、半年後には社内トップの結果を出し、本格的にセールスを始めると、「商品説明ゼロ」の営業スタイルを確立し、年間平均販売台数40台前後といわれる中、8年間で800台(年間100台)の営業成績を樹立。「日本一イタリア車を売る女」と異名がつく。28歳で業界最年少の女性マネージャーに就任すると、”日本一コーヒーのおいしいディーラーづくり”に力を入れ、当時本州最下位と低迷していた店舗を、2年後には単月実績日本一の記録を樹立し、女性の視点を生かしたマネジメント手法も注目を浴びた。2011年に独立し、講演、営業コンサルティングを中心に活動を展開。著書に『クルマを売りたいなら、クルマの話はやめなさい!』(すばる舎)などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。