近刊検索 デルタ

2017年10月12日発売

SBクリエイティブ

絶対にミスをしない人の脳の習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「物忘れ」「勘違い」「うっかり」… すべてのミスは、脳の習慣ですべて解決する! 精神科医の樺沢紫苑先生を著者にお迎えし、脳のパフォーマンスを上げたり、記憶をつかさどる「ワーキングメモリ」を増やすトレーニングを行ったりすることで、エビデンス的根拠の元、仕事の「ミス・ムダ」を防ぐ超実践的な方法!
目次
序章 脳の習慣の「ここ」を変えれば、ミス・ムダはすべて解決する! ・「ミス・ムダ」は科学的に100%防げる ・なぜ精神科医が「ミス・ムダ」をテーマに本を書いたか ・実は「ミス・ムダ」はうつの超・初期症状? ・「頭の回転」は、科学的根拠で誰でも早く出来る 【第1章】:「出力」――アウトプットミスをなくせば、仕事は10倍速くなる ・「頭が真っ白」になる~脳のオーバーフローを防ぐ方法 ・ミスを防ぐ「アウトプット」リーディング ・脳を劇的に覚醒させるたった1分の「3ポイント・アウトプット法」 ・「うっかり」をなくす、「3ポイント確認法」 ・「外部の脳」を使いこなしてミスを防ぐ 【第2章】:「入力」――集中力を鍛えれば、インプットミスはなくなる ・人間の入力限界は「3」~マジックナンバー3理論 ・学びを欲張らない~「舌切り雀勉強法」 ・「ワーキングメモリ」を増やせる聖徳太子トレーニング術 ・ミスを防ぐ「一行暗記」トレーニング 【第3章】:「思考」――シンキングミスは脳内物質のコントロールで防止できる ・思考のミスは扁桃体の感情暴走 ・脳内暴走の緊急停止ボタンとは? ・思考習慣で脳内物質をコントロールすればミス・ムダは防げる ・ミスの原因物質、ストレスホルモン「コルチゾール」を止める方法 【第4章】:「整理」――カテゴライズミスは、脳内を片付ければ解決する ・脳を整理するだけで、ミスは激減する ・「カテゴライズ」で分類すれば、脳が勝手に記憶する ・脳のデータベース「脳内図書館構築術」 ・脳のパフォーマンスが劇的に上がる「超・箇条書き仕事術」 ・集中力を高める「ピラミッド型整理術」 ・寝るだけ「睡眠整理術」
著者略歴
樺沢 紫苑(カバサワ シオン)
精神科医、作家。1965年、札幌生まれ。札幌医科大学医学部卒。インターネット媒体を駆使し、累計40万人以上に、精神医学や心理学、脳科学の知識、情報をわかりやすく発信している。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。