近刊検索 デルタ

2月15日発売予定

翔泳社

プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2020年より小学校でプログラミング教育が義務化されることが決まり、
今、大きな話題となっているプログラミング教育。
しかし、指導者の不足や、教え方・教材が確立されていないこともあり、
実際に子どもと日々向き合う学校の先生や保護者の方々には、
多くの不安や疑問があるのが現状です。

「そもそも、どうして必要なの?」
「塾に行かせたほうがいい?」
「どの教材がぴったりかしら?」
「現場に教えられる人がいない!」

こういった疑問への答えが見つけられるよう、
学校の先生や保護者の方が、
子どものためにどういった学習環境を与えてあげるのがいいのか、
主体的に判断できるための"考え方"を提供することが、本書の目的です。

著者は、IT×教育の現場で、プログラミング教育の在り方を追求してきたプロたち。
なぜ、いま政府はプログラミング教育を公教育に取り入れるのか、
本当に子どもたちのためになるプログラミング教育とはどうあるべきか・・・
近視眼的な情報ではなくより本質的な意味から、
著者らの体験も交えて、プログラミング教育を導入するうえでの考えるヒントを提示します。

プログラミング的な思考力とITリテラシーを武器にして、
これからの子どもたちはシステムに使われるだけの側にならず、
自分の力で未来を切り開いていきます。
そのような未来を期待する保護者の方や教職員の方にとって、
本書は考えるヒントになることでしょう。

目次
第一章 なぜ、プログラミングを学ぶの?
第二章 世界と日本のプログラミング事情
第三章 スクール&教材ガイド&家庭でのコミュニケーション
第四章 新学習指導要領から読み解く学校でのプログラミング教育

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。