近刊検索 デルタ

2017年10月27日発売

千倉書房

アートで魅せる 旧約聖書物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
『創世記』から『ダニエル書』まで、その山や谷、ツボは外さず、画と文章で描ききった508ページの、今まで誰も見たことのない旧約聖書のお話。
著者略歴
フレデリック・ボワイエ(フレデリックボワイエ)
フレデリック・ボワイエ/著 1961年フランス・カンヌ生まれの作家、翻訳家、聖書研究家。P.O.L.社より詩、物語、エッセイ、翻訳など多数の著書を出版。また、バイヤール出版文芸部長を務め、聖書研究の専門家と現代の作家を結んだ新訳版聖書(2001年同社刊行)の編集に携わる。
セルジュ・ブロック(セルジュブロック)
セルジュ・ブロック/絵 1956年フランス・コルマール生まれ。出版、雑誌、メディア界で活躍するイラストレーター。「ワシントン・ポスト」「NY Times」「Time」などの誌上で定期的に作品を発表。日本では『まってる。』『ボクの穴、彼の穴。』『パリのおばあさんの物語』』『いのちのかぞえかた』他を千倉書房より刊行。
船曳 建夫(フナビキタケオ)
船曳建夫/日本語版監修 1948年、東京生まれ。文化人類学者。東京大学名誉教授。ケンブリッジ大学人類学博士。専門の関心は、人間の自然性と文化性、儀礼と演劇の表現と仕組み、近代化の過程。編著書に、『知の技法』(94年)、『「日本人論」再考』(03年)、『歌舞伎に行こう!』(17年)など。趣味は観劇、旅行、読書会を開くこと。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。