近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
すし職人の仕事には、すしを握るだけでなく、造り(刺身)や椀、煮物や焼き物を作ることも含まれます。また、巻き、押し、ちらし、稲荷などのすしも作れなければなりません。本書では、江戸前の握りずし、魚ごとのさばき方を、多くの種類について解説します。また、玉子焼きの作り方、一品料理の作り方など、すし職人になるため身につけなければならないさまざまな仕事を、豊富に写真を掲載しながら、ていねいに解説しています。
目次
一章 江戸前ずしの基本
二章 タネの仕込み
三章 玉子焼きと握り以外のすし
四章 各店のつまみ

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。