近刊検索 デルタ

2017年9月25日発売

経団連出版

本気の「脱年功」人事賃金制度

職務給・役割給・職能給の再構築
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
少子高齢化が急速に進行する中、人事賃金制度は年功型から仕事・役割・貢献度を基軸とした制度へと大きく見直しが進んでいます。しかしながら年功型から脱するためには、「仕事」や「役割」の複雑度・困難度・責任度をきちんと調査し、それを基にした人事制度と賃金制度の構築が不可欠です。
本書では人事制度として本気で年功を脱する職務等級制度、役割等級制度、職能資格制度の設計方法や職務分析・評価/職務調査の手法例を、また賃金制度として職務形態別のモデル類型を紹介します。
目次
Ⅰ 経営環境の変化と人事賃金制度改善の方向
 日本の人事賃金制度の変遷、仕事・役割基軸の人事制度の枠組み 等
Ⅱ 仕事・役割を基軸とした人事制度
 職務等級制度、役割等級制度、職能資格制度の特徴と設計方法 等
Ⅲ 仕事・貢献度基準の賃金制度の設計
 全社一律型から多立型賃金体系、定型的/非定型的職務の賃金体系例 等
Ⅳ 職務分析・評価の方法と手順
 職務分析の実施手順、職務評価の方法(点数法)、事例 等
Ⅴ 職務調査の方法と手順
 課業評価基準の作成、職務調査の実施手順、等級・資格基準の作成 等

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。