近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本の生産現場で生まれた5S は「すべての基本」として、あらゆる現場で導入されています。整理、整頓…と、順を追ってやるべきことが決まっているので、比較的現場の理解が得られやすく、成果が目で見てわかる点が受け入れられる理由なのでしょう。 また、活動を続けていくうちに、自然と人材が育っていくという無形の効果も見逃せません。こうした5S ですが、進めていく上でいくつかのハードルがあります。それはたとえば、導入当初の現場からの抵抗、定着化の難しさなどだと言われています。 本書では、誰もが知っているようで、実際は本質を理解されていない5S について、活動を進めていく中で誰もが味わう問題点と解決策、また上手に進めるコツなどについて解説します。ドーナツ工場を舞台に、具体的な問題と解決策が示されているので、実際に体験したように5Sを学ぶことができます。
目次
プロローグ 1 5Sとはなんだろう  1-1 5Sの意義  1-2 5Sの進め方 STORY 2 2 整理の実施  2-1 整理の意味  2-2 整理の方法 3 整頓の実施  3-1 整頓の意味  3-2 整頓3要素の展開  3-3 対象ごとの整頓の実施方法 STORY 3 4 清掃の実施  4-1 清掃の意味  4-2 清掃の実施方法  4-3 清掃方法の改善 5 清潔の実施  5-1 清潔の意味  5-2 見える化で3Sの維持 STORY 4 6 しつけの実施  6-1 しつけとは  6-2 自己管理の習慣づけ 7 5Sの定着化  7-1 5Sを徹底し、定着化させるコツ  7-2 5S定着化の施策 8 5Sを通じた人づくり  8-1 当たり前のことを当たり前に実行できる人づくり  8-2 「ムリだ発想」から「できる発想」に変わる人づくり エピローグ
著者略歴
高原 昭男(タカハラアキオ)
ベーシック・マネジメント研究所 代表 キヤノンを退社後、コンサルティングファーム、産業能率大学講師を経て、BMLを設立。企業の人材育成、5S指導の実績多数。近年では医療機関の5S指導でも活動中。 ≪著作≫『医療現場の5S活用ブック』(日本能率協会マネジメントセンター)、『5Sべからず集』『徹底5S実践マネジメント』(JIPMソリューション) 『工場管理2006年8月臨時増刊 技能伝承の上手な進め方Q&A』(日刊工業)、『製造社員のための自習型教育ツール集』『製造現場の技能OJTツール集』『目で見て習慣づける工場必携5Sツール集』(株式会社アーバンプロデュース)、『製造業派遣(請負)型アウトソーシング成功の秘訣』(新技術開発センター)、『事故防止職場環境論』(日本医師会総合政策研究機構)、『ビデオ・変化に対応5Sに再挑戦』(PHP研究所)ほか

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。