近刊検索 デルタ

8月1日発売予定

日本能率協会マネジメントセンター

マンガでやさしくわかる子育てコーチング

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
子どもの才能を見つけて伸ばす「元気の天才を育成する」指導法“キッズコーチング"。
キッズコーチングは発達心理学(コンピテンス心理学)と気質心理学に基づく教育理論を軸として、SFAといわれる行動科学をベースとした指導法を特徴とする教育支援法です。
本書では、子どもの態度がみるみる変わる困った大人にならないための今すぐできる子育てをこれまで15,000以上の親子と接してきたキッズコーチング教育のプロがマンガストーリーとともにやさしく解説しています。
「子どもの気質」×「言葉がけ」を理解すれば、子どもとのかかわりがうんとラクになります。現在0歳から6歳までの子育て中の方、子育てをより楽しみたいと思っている方、子どもの能力を伸ばしたい方をはじめ、子どもとかかわる仕事をしている先生たちにぜひ読んでいただきたい内容です。“教科書に載っていない"《ティーチング》ではない《コーチング》がわかります。
目次
プロローグ 子どもの才能を見つけて伸ばす指導法《キッズコーチング》
〔Story〕魔法使いとの出会い
プロローグ解説
子育ての7つのステップ/子どもには5つのタイプがある! /COLUMN01 子どもの「考える力」を育てる、ふくろうの法則
PART1 お母さんと子どものいい関係って、どうするの?
〔Story〕0歳と1歳❖《感じる力》と《行動する力》
PART1解説
お母さんも自分のしつけのタイプを知ろう《5つのタイプ》/COLUMN02 子どもの気持ちを理解するための聞く力
PART2 《ティーチング》と《コーチング》って、どう違うの!?
〔Story〕2歳❖長時間ひとつのことに《集中する力》
PART2解説
コーチングでの子育て/COLUMN03 Iメッセージで気持ちを伝えましょう
PART3 コーチングの実践って、どうするの?
〔Story〕3歳❖自分で決断するための《自立する力》
PART3解説
コーチングの実践《選択肢を考える》 /コーチングの実践〜子育てにお手上げになったときの秘策 /父親も1年かけて父性が育つ/COLUMN04 元気いっぱいの子どもの「あ・い・う・え・お」/子どもの才能を伸ばす「か・き・く・け・こ」
PART4 子ども目線での接し方って、どうするの?
〔Story〕4歳❖我慢と《努力する力》
PART4解説
子どもへの接し方のテクニック/COLUMN05 子どもの集中力を伸ばすママの「3つのA」
PART5 キッズコーチングを子育てに活かそう
〔Story〕5歳と6歳❖《思いやる力》と《自分を信じる力》
PART5解説
キッズコーチングを子育てに活かそう《生活編》 /キッズコーチングを子育てに活かそう《しつけ編》/キッズコーチングを子育てに活かそう《遊び編》 /キッズコーチングを子育てに活かそう《勉強編》 /キッズコーチングを子育てに活かす《こころ編》 
エピローグ 人を知り、自分を知る。そして人を受け入れ、自分を受け入れる
〔Story〕失くしかけていた《力》
エピローグ解説 魔法使いの弟子日記《魔法の言葉》
著者略歴
竹内 エリカ(タケウチエリカ)
一般財団法人日本キッズコーチング協会理事長  幼児教育者、2児の母 お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。20年にわたって子どもの心理、教育、育成について研究し、これまで約15,000人、子どもから大学生を指導してきた。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国規模の大会で第1位他、14賞のコーチ実績がある。「あそび学」を専門にし、あそびによる発達診断、プレイセラピー、運動支援プログラムの研究開発・執筆に携わり、海外での教育国際会議の研究発表などにも参加する。保育・幼児教育関係者への講演活動なども精力的に行う。結婚・出産をきっかけに子どもの育成と母親への支援を目的として一般財団法人日本キッズコーチング協会を設立。コンピテンス心理学・気質心理学・行動科学をベースに、0歳から6歳までの子どもの認知特性を活かした指導法キッズコーチング法を考案、実践する。元気の天才を育成する」を合言葉にキッズコーチング資格認定・執筆講演活動・支援プログラムの開発・幼児教室の運営を中心に活動している。「竹内エリカのわくわく子育てカフェ」ラジオパーソナリティでもある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。