近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
仮想通貨ビットコインを支える技術としてにわかに注目されているのが、ブロックチェーンです。中央の管理者ではなく、複数の参加者でネットワークを維持するため、扱う情報の改ざんができず、しかもシステムダウンが起きない信用性から、ネットワーク上で行われるあらゆる取引に拡大することが予測されています。 経産省による市場規模は67兆円。世界的に急速に利用が始まっているニューテクノロジーです。 本書は、ビジネストレンドとしてブロックチェーンに関心をもつ一般ビジネスマンに向けて、私たちの仕事や生活にどのように関係するかを具体例と図解で紹介します。2時間程度で読めるほど平易な、ブロックチェーンの入門書です。
目次
第1章 ブロックチェーンって何? 第2章 ブロックチェーンで何ができるの? 第3章 ブロックチェーンで何が変わるの? 第4章 どんな技術なの? 第5章 ビットコインはどう使う? 第6章 ブロックチェーンで未来はどうなる?
著者略歴
桜井 駿(サクライシュン)
NTTデータ経営研究所 情報戦略コンサルティングユニット ビジネストランスフォーメーショングループ シニアコンサルタント。 大学卒業後、みずほ証券株式会社を経て現職。幅広いセクター企業に対する新規事業戦略コンサルティングを担当。国内外のスタートアップトレンドを得意とし、大手企業向け社内アクセラレーターやオープンイノベーション支援も実施。 デジタルビジネスにおける新規事業創出や、フィンテック、ブロックチェーンに関する講演を全国で多数実施。一般社団法人Fintech協会 事務局長を兼務。 著書:『決定版FinTech』(共著、東洋経済新報社)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。