近刊検索 デルタ

2017年9月15日発売

日経BP

パラノイアだけが生き残る

時代の転換点をきみはどう見極め、乗り切るのか
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
予測不可能な今こそ、読んでおくべきシリコンバレーの名著、待望の復刊!

「この本のスーパー重要なコンセプト『戦略転換点』をみな学ぶべきだ。遅かれ早かれ、それはやってくるのだから」   ――スティーブ・ジョブズ

「このすばらしい本はデンジャラスだ。人を考え込ませる」
――ピーター・ドラッカー

パラノイア(病的なまでの心配性)だけが生き残る――。これはインテルを世界的な企業に育て、現在もシリコンバレーの経営者たちに尊敬されているアンドリュー・グローブ氏のモットーだ。

成功すればするほど、そのうま味を味わおうとする人びとが群がり、食い散らかし、そして最後には何も残らない。

そして、テクノロジーが発展し、顧客の好みが変わり、規制が変わることなどから、「戦略転換点」が襲いかかる。これを見逃したら、企業にとっても、個人のキャリアにとっても命とりだ。

チップのバグで4億7500万ドルの巨額損失を計上したり、日本メーカーの攻勢で主力メモリー事業からの撤退をしたり、修羅場を乗り越えた「パラノイア」(超心配性)である著者が、「戦略転換点」を見極め、予測不可能な世界でしぶとく生き残るための方法を教える。
目次
日本語版序文   小澤隆生

序章   パラノイアだけが生き残る
第1章  何かが変わった
第2章  「10X」の変化
第3章  コンピューター業界の変貌
第4章  それは、どこにでも起こる
第5章  われわれの手でやろうじゃないか?
第6章  「シグナル」か、「ノイズ」か
第7章  カオスに支配させよう
第8章  カオスの手綱をとる
第9章  インターネットはノイズか、シグナルか
第10章  キャリア転換点

謝辞
訳者あとがき
NOTES

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。