近刊検索 デルタ

8月3日発売予定

七つ森書館

原発地震動に対する安全性の視点

原発はどんな地震のゆれにも安全でなければいけない
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
原子力規制委員会、裁判所の大きな欠陥を指摘!
地震動審査ガイドの定める基本方針「敷地で発生する可能性のある地震動全体の考慮」を無視した判断は根本的に誤っています。 中越沖地震の知見で地震動を1.5倍にしたあとで、さらに「不確かさの考慮」で地震動を大きくしなくてはいけません!
目次
はじめに

第1章 原発訴訟地震動問題の前提としての地震動の基礎知識
 1 マグニチュード、地震モーメント
 2 応力、応力降下量
 3 アスペリティ
 4 波の周期と固有周期
 5 応答スペクトル
 6 原発にとって危険な地震動とは
 7 どこで発生した地震動が危険か
 8 断層や地震動については事前に分からないことが多々ある

第2章 強震動予測レシピ
 1 調査委員会レシピ
 2 調査委員会レシピの概要

第3章 原発訴訟における地震動問題の争点
 1 原発での地震動推定は
    どのような考え方でなされなければならないか
 2 断層モデルを用いた手法と応答スペクトルに基づく手法は、
    どちらももともとは平均的な地震動の値を求めるもの
 3 2007年新潟県中越沖地震の知見を踏まえた地震動推定
 4 標準偏差(σ)とは
 5 中越沖地震の知見を踏まえた地震動想定と地震動審査ガイド
 6 応答スペクトルに基づく手法での誤差の考慮
 7 敷地で発生する可能性のある地震動全体とは
 8 複数アスペリティの応力降下量
 9 地域特性
 10 震源を特定せず策定する地震動
 11 津波審査ガイドの規定
 12 確率論的リスク評価の不完全さと不確かさ

おわりに
著者略歴
内山 成樹(ウチヤマ シゲキ)
1946年生まれ。1970年東京大学理学部卒業。1980年弁護士登録。  高速増殖炉「もんじゅ」訴訟、原子力船「むつ」訴訟の弁護団に加わる。脱原発裁判として差し止め訴訟の浜岡原発、大間原発、東海第二原発、大飯原発、伊方原発、川内原発の各弁護団に加わり地震問題を担当し、地震動問題を展開する。数少ない理系の弁護士として活躍している。  著書に『原発地震動想定の問題点』(七つ森書館)など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。