近刊検索 デルタ

2017年10月20日発売

フランス書院

処刑姫リーゼロッテ

美少女文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
亡国の姫騎士リーゼロッテを待つ二つの運
命――処刑台か? それとも結婚式か?
【悪夢の処刑台】
 地下牢獄での数刻に及ぶ二穴輪姦の果て、
リーゼロッテは処刑台へと引き出された。
 死にたくない。いいや、せめて最期は王族
として、立派な死に様を見せよう。
「我が愛する国民たちよ、私は罪なく死んで
いく。しかし私の血が王国の礎となり、諸君
の幸せに繋がることを祈っている……」
【祝福の結婚式】
 あれは悪夢だったのか……
 バルコニーに立ったリーゼロッテの隣では、
夫となった革命王リチャードが笑っている。
 私を調教し、奴隷姫に堕とした、残酷で優
しい運命の相手……。
 国民に見えるように、二人は長く長くロイ
ヤルキスを交わした。
(もう二度と悪夢は見ないだろう……)
目次
プロローグ 囚われの姫騎士、その名はリーゼロッテ
第一章 拷問、そして命を賭けた調教ゲーム
第二章 新王の恋人か、それとも国民共用奴隷か
第三章 百回殺してやりたいぐらいお前が好きだ
第四章 私は王女にしてご主人様の奴隷姫
第五章 恋人奴隷としての夢の日々と悪夢の夜
第六章 革命王から奴隷姫へのプロポーズ
エンディング 処刑姫のロイヤルキス

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。