近刊検索 デルタ

2018年2月2日発売

ぺりかん社

日本書紀の祈り 多様性と寛容

多様性と寛容
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
神職・ジャーナリスト・学者と多面的な経歴を持つ著者が「多様性」と「寛容」をテーマに読み解く新たな『日本書紀』論。
著者略歴
徳橋 達典(トクハシ タツノリ)
1964年東京生。國學院大學大学院文学研究科博士課程修了。博士(神道学・國學院大學)。共同通信社ビジュアル報道局写真部次長を経て現在、今尾神社権禰宜・國學院大學兼任講師。専攻―神道学・神道史。 著書・論文 『吉川神道思想の研究』(ぺりかん社)、「吉川惟足の葬祭論の一考察――保科正之の神葬祭をめぐって」(『神道宗教』193号)、「吉川惟足の神籬磐境の伝の要諦」(『神道宗教』219号)など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。