近刊検索 デルタ

11月25日発売予定

法藏館

一遍仏教と時宗教団

978-4-8318-7509-9

本体価格:6,000円+税

判型:

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「捨ててこそ」を標榜し、遊行の果てに生涯を終えた一遍智真。遺された門弟はいかにその思想を継承したか。類書希少な時宗教学書。
目次
序章 
第一章 一遍教学の形成
 第一節 證空教学から一遍教学へ
 第二節 一向俊聖の念仏思想
 第三節 一遍教学における「このとき」攷
 第四節 時宗宗学における念仏往生観
 第五節 門流による一遍呼称の変遷
 第六節 一遍教学とその展開
 第七節 誓願寺所蔵伝一遍著作に関する一試論
第二章 時宗宗学の基底
 第一節 時宗宗学に関する一試論
 第二節 明治期時宗教団の子弟教育
 第三節 時宗宗学における仏説
 第四節 一遍の偈頌
第三章 時宗宗学と儀礼の接点
 第一節 臨終の儀式と遊行寺歳末別時念仏会
 第二節 時衆教団における入門儀礼考
 第三節 時衆教団と密教修法
 第四節 近世時宗教団における伝法成立
史料翻刻 誓願寺所蔵「西山上人所持」
結章

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。