近刊検索 デルタ

2018年4月25日発売

北海道大学出版会

日本探偵小説を知る 150年の愉楽

150年の愉楽
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
明治期の奇異譚から乱歩の奇想へ、清張の社会派を経て<新本格>の時代へ。日本探偵小説をめぐる言説を歴史化し、そのダイナミズムを捉える。<日常の謎>や新しいガジェットなど現在のミステリの最前線も紹介。札幌在住の実作者との対談も収録。探偵小説を読む「愉楽」を伝える評論集。
著者略歴
押野 武志(オシノ タケシ)
押野 武志 1965年、山形県生まれ。北海道大学教員。専攻は日本近代文学。著書に『童貞としての宮沢賢治』(2003年、筑摩書房)、『文学の権能――漱石・賢治・安吾の系譜』(2009年、翰林書房)、編著に『日本サブカルチャーを読む――銀河鉄道の夜からAKB48まで』(2015年、北海道大学出版会)など。
谷口 基(タニグチ モトイ)
谷口 基 1964年、東京都生まれ。茨城大学教員。専攻は日本近代文学。著書に『戦前戦後異端文学論―奇想と反骨―』(2009年、新典社)、『戦後変格派・山田風太郎―敗戦・科学・神・幽霊―』(2013年、青弓社)、『変格探偵小説入門―奇想の遺産―』(同、岩波書店)、共編著に『定本夢野久作全集』(2016年~、国書刊行会)など。
横濱 雄二(ヨコハマ ユウジ)
横濱 雄二 1972年、北海道生まれ。甲南女子大学教員。専攻は日本近現代文学、現代視聴覚文化。共著に『日本サブカルチャーを読む――銀河鉄道の夜からAKB48まで』(2015年、北海道大学出版会)、『映画と文学――交響する想像力』(2016年、森話社)、『マンガ・アニメで論文・レポートを書く――「好き」を学問にする方法』(2017年、ミネルヴァ書房)など
諸岡 卓真(モロオカ タクマ)
諸岡 卓真 1977年、福島県生まれ。北海道情報大学教員。専攻は日本近現代文学(主にミステリ)。著書に『現代本格ミステリの研究‒―「後期クイーン的問題」をめぐって』(2010年、北海道大学出版会)、共編著に『日本探偵小説を読む‒‒―偏光と挑発のミステリ史』(2013年、北海道大学出版会)など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。