近刊検索 デルタ

2017年9月16日発売

マキノ出版

パンと牛乳は今すぐやめなさい!

3週間で体が生まれ変わる
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
パンは腸と脳をこわす! 牛乳は骨と血管を弱くする!
「パンと牛乳はやめてくださいね」
 日ごろの診療で、私が患者さんにいう言葉です。
不調や病気は、いうまでもなく、さまざまな要因がからみ合って起こります。すべてがパンと牛乳のせいとは、もちろんいえません。
しかし、パンと牛乳を少しの間やめてみるだけでも、症状が明らかに改善する例が非常に多いのは事実です。
また現在では、パンと牛乳がどんなメカニズムで体に害を与えるかは、かなり科学的にわかってきています。
最近では、乳ガンの患者さんには、パンと牛乳をよく摂取する人が多いことが知られるようになってきました。
体に不調を抱えている人は、まず、パンと牛乳を3週間だけでもやめてみてはいかがでしょうか。
目次
目次:
第1章: なぜ私は「パンと牛乳」に着目したのか?
第2章: なぜ、パンをやめたほうがいいのか?
第3章: なぜ、牛乳をやめたほうがいいのか?
第4章: では、何を食べればいいのか?
第5章: パンと牛乳をやめて健康になった実例報告
著者略歴
内山葉子(ウチヤマヨウコ)
葉子クリニック院長。医学博士。腎臓内科専門医。全人的な医療に基づき、心のケアなどを統合的に行い、さまざまな分野の難治性の疾患の診療を行う。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。