近刊検索 デルタ

2017年11月16日発売

マキノ出版

痛みを取りたければ体を温めなさい

誰にもわかってもらえない全身のつらい痛みが消えていく
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
★私を薬漬けにしないでください!
線維筋痛症やリウマチ痛など、全身に激痛が走る「広範囲疼痛」の潜在的な患者数は、日本人の10%、1200万人に達すると考えられています。
しかし、
①痛みに対する医師の知識不足
②画像診断や検査で異常が見つかりにくい
という理由から、誤った治療が行われたり、「あなたの痛みは気のせいです」といわれたりして、なかなか症状が改善しないのが現状です。
その結果、誤った投薬によって薬の量がどんどんふえるのに、痛みがいっこうによくならないため、医療不信に陥る患者さんがあとを絶ちません。
 激痛に対する無理解は、医師のみならず、家族にも及びます。そのため、多くの患者さんは、全身に激痛を抱えながら、誰にも理解されず、家庭的にも社会的にも孤立しがちです。
本書では、広範囲疼痛に対する正しい知識をわかりやすく解説するとともに、セルフケアとして「湯たんぽの活用法」を紹介しています。
外来での調査では、湯たんぽで体を温めたら、80%の患者さんの痛みが改善しました。そのうえ、100%の患者さんから、痛みによる生活の支障がへったという回答が得られています。
目次
第1章: あなたの痛みは「心が原因」ではない!
第2章: こんな病気で痛みが起こる
第3章: こうすればぐんと楽になる! 痛みのセルフケア
第4章: 薬やセルフケアの効果は自分で判定できる!
第5章: 湯たんぽで冷えを取れば痛みはよくなる
第6章: 全身の激痛が楽になった私たち
第7章: 医師・医療関係者への提言

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。