近刊検索 デルタ

2018年1月17日発売

マキノ出版

脳年齢が若返る! 大人の童謡えほん

心に響く童謡16曲のCD付き!
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
見て、聴いて、歌って脳力がぐんぐんアップ!
眠っていた記憶が一気によみがえる!

童謡は昔の記憶を呼び覚まし、脳年齢を若返らせます。
故郷の懐かしい海や山、
楽しかった夏祭り、
友だちと遊んだ雪合戦……
童謡を聴くと、幼い頃の記憶が自然とよみがえってきます。

さらには、
幼少期だけでなく、これまでの人生をさかのぼり、
眠っていた記憶を次々と思い出すようになります。
こうした「記憶の呼び覚まし」により、
脳が元気になるのです。

この本には、
『赤とんぼ』『しゃぼん玉』『赤い靴』『故郷』など、
童謡の名作16曲を収録したCDが付いています。

そして、個性豊かな4 人のイラストレーターが、
それぞれの画風で童謡の世界観を表現しています。

絵を眺めるだけで、童謡を聴いて歌うだけで、
物忘れが解消! 会話力アップ! 老化を予防! 前向きになれる!

記憶力の低下が気になる人はもちろん、
認知症のかたやそのご家族も、この本で童謡に触れてください。
脳年齢が若返るのを実感できるはずです。
目次
目次:
この本の使い方
童謡が脳を元気にするってどういうこと?
だから童謡絵本は大人にこそオススメ!
脳にもっと効果的な6つの使い方
しゃぼん玉
赤い鳥小鳥
茶摘
夏は来ぬ
案山子
虫の声
村祭
故郷

ふじの山
浜辺の歌
赤い靴
トロイカ

赤とんぼ
うさぎ
童謡をより深く楽しむヒント
著者略歴
加藤俊徳(カトウトシノリ)
新潟県生まれ。医師・医学博士・脳科学者。株式会社「脳の学校」代表。加藤プラチナクリニック院長。昭和大学客員教授。1万人以上の人をMRI脳画像を用いて診断、治療。米国ミネソタ大学、慶應義塾大学、東京大学などで、脳研究に従事。2006年、脳の学校を創業し、簡易型脳力診断法や脳トレシステムを開発。2013年、クリニックを開設し、発達障害や認知症などの脳が成長する医療を実践。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。