近刊検索 デルタ

2018年6月26日発売

マイナビ出版

奨励会 ~将棋プロ棋士への細い道~

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「どうすればプロ棋士になれるのか?」

本書はプロ棋士養成機関「奨励会」の実像を描くことで、その問いに答えるものです。

プロ棋士という職業が多大な労力を払ってでも目指す価値のあるものかどうか、という問題から始まり、奨励会の制度、戦い方、勉強法が元奨励会員である著者本人の述懐を交えて語られます。

プロ棋士養成機関「奨励会」とはどんな場所か?
どのくらい強ければプロ棋士になれるのか?
奨励会員の日常とは?
重要なのは努力か? 才能か?
夢破れた退会者のその後は?
そこは青春を捧げる価値のあるところか?


天才少年、天才少女が淘汰される奨励会という沼でもがき苦しんだ姿がそこにはあります。

将棋界に現れた超新星・藤井聡太ですら6連敗を喫したこともある奨励会。

その世界を本書でぜひ覗いてみてください。
著者略歴
橋本長道(ハシモトチョウドウ)
1999年、中学生将棋王将戦で優勝。同年、奨励会に入会するも2003年に1級で退会。2011年『サラの柔らかな香車』で第24回小説すばる新人賞を受賞。小説家、ライター。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。