近刊検索 デルタ

2018年5月17日発売

八千代出版

これからの保育と教育

未来を見すえた人間形成
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
近年の脳神経科学を主とした発達研究などにより「人生の初期」が世界的に注目されてはいる。しかし、教育内容や到達度、評価が明確な学校教育に比べ、子どもの主体性を重視し、「遊び」と「生活」を通して全人教育を行う保育や幼児教育は、教育内容も時に曖昧で多岐にわたり、評価も難しいのが実情である。本書では、長く理解されずにきた乳幼児期の遊びの意義、保育や幼児教育の本質を、誕生から生涯にわたる教育体制に的確に位置付ける。日本の子どもたちの保育・教育に携わる皆さんの進むべき道に寄り添う内容
目次
第1章 子ども時代はなぜ大切なのか? ―人生のはじまりの時期の重要性― 第2章 世界の子どもたちの保育・初等教育―OECDのStarting Strong事業―  第3章 日本の保育の現状と教育改革の方向性―子どもたちのために代えたこと、変えなかったこと―  第4章 保育・初等教育の目指す方向性―子どもの育ちと学びを支える基準―  第5章 保育・幼児教育のはじまりと思想―子どもを見つめた先人たち― 第6章 保育・幼児教育の特質―子どもの育ちと学びを支える関係性― 第7章 保育実践のなかで育まれる経験―子どもは「遊び」のなかで何を培うのか― 第8章 保育・教育とは―子どもが育つとはどういうことなのか?―
著者略歴
吾田 富士子(アズタ フジコ)
幼稚園教諭を経て、藤女子大学人間生活学部保育学科教授。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。