近刊検索 デルタ

2017年10月23日発売

ベレ出版

生痕化石からわかる古生物のリアルな生きざま

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
化石になるのは、骨や貝殻、歯だけだと思っていませんか? じつは、足跡や巣穴といった、生きものの行動の痕跡の化石(生痕化石)もあるのです! 排泄行動の痕跡、つまりウンチの化石なんてものもあるんですよ! 生きものそのものの化石(体化石)より地味な存在かもしれませんが、体化石だけではわからないことも、生痕化石を調べることによってわかることがあります。地味だけどスゴイ! 恐竜やアンモナイト、三葉虫といった古生物好きな方はもちろん、生きものや地球のロマンを堪能したい方にもオススメ! ウンチ化石で博士号をとった、正真正銘のウンチ博士が、知られざる生痕化石の世界をご案内します!
目次
第1章 ようこそ、生痕化石の世界へ! 第2章 生痕化石の研究史 第3章 生痕化石からわかる古生物の暮らしと行動 第4章 生痕化石研究の最前線 第5章 生痕化石研究の実際 第6章 生痕化石研究の今後
著者略歴
泉 賢太郎(イズミ ケンタロウ)
1987年、東京都出身。2015年、東京大学大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 博士課程 修了(博士(理学))。国立環境研究所(日本学術振興会 特別研究員PD)を経て、現在は千葉大学 教育学部 理科教育講座 特任助教。国士舘大学理工学部 非常勤講師、日本古生物学会 化石友の会 幹事。東京大学大学院理学系研究科 研究奨励賞(修士)、日本地球惑星科学連合 学生優秀発表賞、日本堆積学会 最優秀講演賞など、他受賞歴多数。専門は、生痕化石に記録された古生態の研究に加え、地層を用いた古環境の研究も行なっている。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。