近刊検索 デルタ

2018年1月11日発売

内外出版社

奇跡を呼び込んだ断食

明るい未来が自然と開けていく不思議
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2度にわたる、45日間、46日間の断食で、何を見、何が変わるのか。
その光にあふれた世界と、断食後に訪れた人生の奇跡。
多くの経営者のメンターである陶芸家による心穏やかに生きるヒント。


現在73歳の著者は、40代の頃、誰もなしえなかった断食を2度も行ない、私たちが知ることのない貴重な経験をしました。
光に包まれ、木々の緑や空の色が音に聴こえ、昆虫や動物たちとも通じ合い、
クヌギの大木から活力をもらい、地震を予知でき、大地や宇宙のエネルギーを身近に感じることができたと言います。
極貧生活を送っていましたが、断食後、まるで何かに導かれるように、陶芸をはじめ、
不思議な出会いによって百貨店で個展を開き成功し、人生が好転していきました。
多くの経営者のメンターにもなっている著者が、初めて語る断食のきっかけ、極貧生活、母親との介護の暮らし、陶芸家として活躍するまでの不思議な人とのつながり、大いなるものからのメッセージ…。

断食を通してわかった、人生や未来への不安から自由になる、心穏やかに生きるヒントです。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。