近刊検索 デルタ

2018年2月15日発売

鳥影社

虚構の蘇我・聖徳

我は聖徳太子として蘇る
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「陰陽の二元論」によって
『日本書紀』(陰)と『古事記』(陽)がつくられ
馬子(陰)と厩戸(馬小屋)(陽)もつくられた
目次
まえがき

第Ⅰ章 藤原不比等の平城京
 1 藤原不比等によって構想された平城京
 2 平城京に施された「軸線」
  【コラム1】建造物が直線的に並んでいることを測量計算で確かめる
 3 聖武天皇陵の位置が語る真実
 4 藤原不比等の墓─石のカラト古墳
 5 藤原鎌足の墓─赤坂天王山古墳 
 6 藤原定慧の墓─花山西塚古墳 
 7 「見えない軸線」と仏教寺院の役目  
 8 平城京の出発点となる裏鬼門・上宮遺跡の謎  
【コラム2】仏教寺院の軒丸瓦の文様 
 9 不比等の館と法華寺の維摩居士像 
 10 平城京と『日本書紀』を構想した藤原不比等の「謎かけ」 


第Ⅱ章 『日本書紀』の虚構は建造物から崩れる

 1 『日本書紀』によって隠された飛鳥京 
 2 飛鳥寺の創建者は蘇我馬子ではない 
【コラム3】仏教寺院の伽藍配置 
 3 舒明天皇の紋章を示す軒丸瓦の文様 
 4 隠された難波京と四天王寺の創建者  
 5 飛鳥京と難波京を隠さねばならなかった理由 


第Ⅲ章 「乙巳の変」の真実

 1 蘇我入鹿の殺害は不比等による「カムフラージュ」
 2 軒丸瓦のパルメット文様が示す天皇継承の真実 
 3 藤ノ木古墳(南側被葬者)と薬師寺の『吉祥天画像』 
 4 藤ノ木古墳の馬具の把手と斑鳩宮パルメット文様の軒丸瓦 
 5 滅ぼされた天皇一族が眠る耳成山南北軸の古墳群 
 6 高松塚と藤ノ木古墳の被葬者が語る真実 
 7 「乙巳の変」の真実から『古事記』の編纂者が判明する 


第Ⅳ章 虚構の蘇我・聖徳 …

 1 蘇我・聖徳の名前は『日本書紀』の暗号である 
 2 厩戸皇子と「イエス・キリスト」 
 3 聖徳太子とされた肖像画の謎  
 4 『日本書紀』が記す蘇我一族と聖徳一族の歴史 


第Ⅴ章 蘇我一族の実在性の否定

 1 蘇我一族は天智の出自を美化する道具であった
 2 蘇我一族の出自 
 3 蘇我の系図と建造物が語る真実
 4 『古事記』『日本書紀』『続日本紀』が示す蘇我一族の虚構性 


第Ⅵ章 天武は天智の同母弟ではない

 1 蘇我・聖徳によって偽装された天智天皇の出自
 2 廣瀬と竜田の神祀りが示す天武の出自
 3 天智天皇と斉明天皇の墓は大官大寺と本薬師寺の位置が示す 


第Ⅶ章 天武と持統の墓

 1 天武と持統の合葬墓は不比等によってつくられた 
 2 天武天皇の皇后 
 3 持統の十字架が示す法隆寺西院伽藍の創建者 
 4 文武の十字架と天智一族の意思  
 5 天武天皇の岩屋山古墳   
 6 天武の皇子たちの墓   
 7 大津皇子殺害は持統によるクーデター 
 8 朱鳥・天皇位空白の四年間と藤原一族 


あとがき 

 年表  
 全軸線図

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。