近刊検索 デルタ

2018年7月18日発売

鳥影社

ひと房のブドウ 前島麻子詩画集

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ひと房のブドウの一粒一粒に宿る不思議な言葉たち。
いままで誰も目にしたことのないほどの絵と言葉の非凡なコラボレーション!

若き詩人の澄んだ眼差しは、さりげない日常の奥に息づくものをそっと見つめ、歌う。
そこに溢れ出る思いがけない智恵の深み。

この詩画集は、松江の詩人の世界を見つめるひそやかな想いがつづられ、
万象とふれあう感覚がぴんと張りつめたようにのび、
一人ひとりのたいせつな光輝くものを照らしている。
どのページにも溢れ出るみずみずしい感性!
著者略歴
前島麻子(マエジマアサコ)
1986年 島根県松江市に生まれる。 現在同市在住。本作が処女詩集。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。