近刊検索 デルタ

2017年9月22日発売

弦書房

メタファー思考は科学の母

大嶋仁/著

978-4-86329-157-7

本体価格:1,900円+税

判型:四六

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「科学」と「文学」の対立を越えて。
言語習得以前の思考=メタファー(隠喩)思考なくして論理も科学も発達しない。もともと脳に備わっているといわれるメタファー思考が科学的思考へと発展するためには、「文学的思考」が最も重要で、すべての思考の基礎に「文学的思考」があることを脳科学、認知科学、発達心理学、精神分析の観点から多角的に説く。昨今の教育界の「科学」を重視し「文学」を軽視する風潮に警鐘を鳴らす。
目次
【目次より】

第一章 歌はいのちの力

古今集の文学理論/フロイトと紀貫之のつながり/人間はメタファーで考える/メタファー思考を育てる/詩人とメタファー/本居宣長の現代性

第二章 物語は生のメタファー

神話はうそか?/物語は生命保存の武器?/物語は脳に備わっている/人間の認知活動はすでに文学/物語とは世界のメタファー

第三章 文学は古傷をいやす

精神分析と文学/『暗夜行路』とフロイト/トラウマの記憶とフォークナー/戦後日本と小林秀雄/南島歌謡にみる歴史の傷跡

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。