近刊検索 デルタ

2018年1月16日発売

ひさかたチャイルド

きかんしゃリトル はじめてのぼうけん

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
小さな機関車のリトルが初めて一人で線路へ。冒険への期待と不安、親元へ帰れる安心感が子どもたちの共感を呼ぶ乗り物絵本。
著者略歴
ティモシー・ナップマン(ティモシーナップマン)
ティモシー・ナップマン ( ティモシーナップマン )/作 イギリス生まれ、イングランド在住。児童文学作家、詩人、脚本家。大学で歴史を学ぶかたわら、ミュージカルやオペラの台本をてがけたのち、児童向けの作品を執筆。邦訳作品に『ドラゴンもりのふしぎなともだち』(ポプラ社)、『あわてんぼうさちゃん』(岩崎書店)、『きつねくんのもりのおともだち』(世界文化社)などがある。
ベン・マントル(ベンマントル)
アニメーター、絵本作家。子どもの頃から、絵やデザイン、創作が大好きだった。Surrey Institute of Art & Designを卒業した後、アニメーションの世界で働き、その後、絵本の世界にも興味をもつようになった。『The Best Birthday Present Ever!』など、著書多数。イギリス、ブライトン在住。
まえざわあきえ(マエザワアキエ)
アメリカのウェスタンミシガン大学で英米文学、ミシガン大学大学院で言語学を専攻。帰国後は海外の絵本・児童書の紹介、翻訳に力を注ぐ。早稲田大学非常勤講師。訳書に「いっしょにあそぼう!」シリーズ『アイラのおとまり』『ピンクのれいぞうこ』(以上、ひさかたチャイルド)『みっつのねがい』『いつもみていた-ゆめをかなえた女の子ジェーン・グドール』(以上、福音館書店)、『ビバリーとしょかんへいく』(文化出版局)、「ミスター・ベン」シリーズ(朔北社)、『バドの扉がひらくとき』「もう、ジョーイったら!」シリーズ(以上、徳間書店)、「クレメンタイン」シリーズ(ほるぷ出版)、「スパイガール」シリーズ(岩崎書店)などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。