近刊検索 デルタ

2017年9月24日発売

ドリーム・ミュージック・ファクトリー

はじめてのポピュラー・ピアノ入門[模範演奏CD付]

これ1冊で全てがわかる!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
[内容紹介] “ピアノが弾けるようになりたい…。”これからピアノをはじめる方のために、 基礎知識から各種テクニックまで、初心者にわかりやすく解説した入門書です。 「1曲ぐらい弾けるようになりたいなぁ…」そんな貴方のために、プロのキーボード・プレイヤーが定番練習曲を題材に、やさしく丁寧に教えます。 Section 1:まずは準備から ピアノ、キーボードの種類 音楽の三要素 弾き語りの三要素 五本の線で音がわかる 右手が高くて左手が低い、ト音記号とヘ音記号 五線と鍵盤のステキな関係 音符は弾く、休符はお休み……ではありません!? 同じ数字の繰り返し、拍子記号 ちょっとだけ上がって下がって どこへ向かって進めばいいの? 椅子の高さで弾きやすさが変わる 指番号は親指から Section 2:コード コードってな~に? コードを弾いてみよう! 準備万端の指使い 並びを変えても問題なし 自由に弾いてOK 4和音でゴージャスサウンド 同じ音を見つけよう!(共通音) Section 3:リズムに乗って弾いてみよう! メトロノームって? まずは手拍子、リズムの練習 コードを弾いてみよう! メトロノームの応用術 拍子とビート、1拍をいくつに分ける? こうすれば怖くない!右手と左手を別々に Section 4:ベース・ライン ベースってボンボンやってるだけじゃないの? ルート以外の音を弾いてもいいの? ベースでビートが決まる ゴルフもベースもアプローチが大切 ベースは低音部のメロディ⁉ Section 5:アルペジオ アルペジオってなに? ブロック・コードを分解しちゃえ! アルペジオでも忘れないで、共通音 もう一つ忘れないで、指の準備 音をつなげる魔法のペダル Section 6:実際の楽曲を弾いてみよう! ブロック・コード アルペジオ Section 7:TRY! 少しだけピアノ・ソロ 右手メロディ、左手ベース、コードは誰が弾く⁉ 右手メロディ、左手ベース+コード 右手メロディ+コード、左手ベース コード感豊かなアルペジオ 実際の楽曲を弾いてみよう!
著者略歴
進藤克己:編著(シンドウカツミ)
ピアニスト、キーボーディスト、作・編曲家。国立音楽大学教育音楽学科第Ⅰ類卒業。 ステージ、スタジオ、テレビ、ラジオ、映画、教則本執筆、指導…と様々なフィールドでプレイヤー、作・編曲家、指導者として活躍中。確実なプレイ、的確なアレンジ、綺麗な楽譜、統率力を買われ、バンド・マスターとして様々なアーティストから信頼されている。 ワタナベ・エンターテイメント・カレッジ&スクール、クラーク記念国際高校の講師も務め、後進の指導にもあたり、自らはラテン音楽を専門としており(熱帯JAZZ楽団、Orquesta Del Solの音楽監督の森村献氏に師事)、自己のリーダー・バンド『アゴカコ』『Blond Blockbusters』にて都内のライブ・ハウスを中心に活動している。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。