近刊検索 デルタ

2018年1月25日発売

藤原書店

「戦争責任」はどこにあるのか

1930年代アメリカ外交政策の研究
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「民主主義のアメリカ」は、なぜ第二次大戦参戦を防げなかったのか
第一次大戦後、国際連盟加盟を拒否した「孤立主義」のアメリカが、第二次大戦参戦に転じたのはなぜか。アメリカ外交政策の公式文書を徹底検証し、国民に対して「平和」を唱えながら、密かに参戦可能な国へと方向転換していた大統領ルーズベルトの1930年代の軌跡を緻密に辿った、名著『ルーズベルトの責任』と不可分の一冊!!

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。