近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
暗殺者のレッテルを覆す、その知られざる生き様!! 気鋭の歴史学者が描く、初のノンフィクションノベル!! 幕末の英雄・坂本龍馬を斬った男、今井信郎。見廻組に属して龍馬を斬ったことのみが注目されてきたが、この男の本領は、龍馬暗殺以後にあった。鳥羽伏見から五稜郭までの激烈な戊辰戦争を戦い抜き、維新後は、西郷隆盛に加勢し西南戦争に従軍しようとした。牧之原開墾にも従事、ついには初倉村(現・静岡県島田市)の村長にまでなり、後半生を地域振興に捧げる。官軍史観では見えてこない敗れし男の美学と生き様を描ききる! 明治維新150 年記念出版!!
目次
第一章 戦人 第二章 龍馬 第三章 死闘 第四章 余震 第五章 戊辰 第六章 意地 第七章 供述 最終章 転生
著者略歴
濱田 浩一郎(ハマダ コウイチロウ)
1983年生まれ、兵庫県相生市出身。歴史学者、作家、評論家。皇學館大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。兵庫県立大学内播磨学研究所研究員・姫路日ノ本短期大学講師・姫路獨協大学講師を歴任。現在、大阪観光大学観光学研究所客員研究員。現代社会の諸問題に歴史学を援用し迫り、解決策を提示する新進気鋭の研究者。著書に『播磨赤松一族』(新人物往来社)、『あの名将たちの狂気の謎』(中経の文庫)、『日本史に学ぶリストラ回避術』(北辰堂出版)、『日本人のための安全保障入門』(三恵社)、『歴史は人生を教えてくれる-15歳の君へ』(桜の花出版)、『超口語訳 方丈記』(東京書籍のち彩図社文庫)、『日本人はこうして戦 争をしてきた』(青林堂)、『超訳 橋下徹の言葉』(日新報道)、『教科書には載っていない 大日本帝国の情報戦』(彩図社)、『昔とはここまで違う! 歴史教科書の新常識』(彩図社)、『靖献遺言』(晋遊舎)、『超訳 言志四録 西郷隆盛を支えた101の言葉』(すばる舎)、本居宣長『うひ山ぶみ』(いつか読んでみたかった日本の名著16、致知出版社)、『超口語訳 徒然草』(新典社新書)、共著『兵庫県の

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。