近刊検索 デルタ

2018年8月3日発売

DU BOOKS

J・ディラと《ドーナツ》のビート革命

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ヒップホップ史に輝く不朽の名作《Donuts》には、
J・ディラ最期のメッセージが隠されていた――

Q・ティップ、クエストラヴ、コモンほか
盟友たちの証言から解き明かす、天才ビートメイカーの創作の秘密。

地元デトロイトのテクノ~ヒップホップシーン/スラム・ヴィレッジ結成/Q・ティップ(ア・トライブ・コールド・クエスト)との出会い/
ソウルクエリアンズでの制作秘話、同志マッドリブとの邂逅/そして病魔と闘いながら作り上げた《ドーナツ》まで、
32歳の若さでこの世を去った天才ビートメイカー、J・ディラが駆け抜けた短い生涯とその音楽に迫る。

日本語版のみ、自身もビートメイカーとして活動する本書訳者・吉田雅史による解説(1万2千字)&ディスクガイドを追加収録。


目次
序文 文:ピーナッツ・バター・ウルフ
第1章 Welcome to the Show――《Donuts》の世界へようこそ
第2章 The Diff'rence――デトロイト・テクノからヒップホップへ
第3章 Hi――スラム・ヴィレッジ結成
第4章 Waves――ビートメイキングは連鎖する
第5章 Stop!――批評とは何か? 解釈とは何か?
第6章 The Twister (Huh, What)――グループからソロへ、デトロイトからLAへ
第7章 Workinonit――車椅子の偉大な男
第8章 Two Can Win――「これはハイプではない」
第9章 Geek Down――ビートを通して死に触れる
第10章 The New――ディラ流「晩年のスタイル」
第11章 Bye――《Donuts》という永遠の環

解説 《Donuts》をよりおいしく味わうために
ディスクガイド
 A-side ディラ・ビーツの基本を知る10枚
 B-side ディラ・ビーツの深層に触れる10枚
著者略歴
ジョーダン・ファーガソン(ジョーダン ファーガソン)
カナダのトロントを拠点とするフリーランス・ライター兼編集者。
吉田雅史(ヨシダマサシ)
1975年生まれ。"ゲンロンx佐々木敦批評再生塾"初代総代。 批評家/ビートメイカー/ラッパー/翻訳家。「ele-king」「ユリイカ」「ゲンロンβ」などで音楽批評中心に活動。著書に『ラップは何を映しているのか』(大和田俊之、磯部涼との共著)。 MA$A$HI名義でMeisoのアルバム『轆轤』をプロデュース。最新作は8th wonderのFake?とのアルバム『ForMula』。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。