近刊検索 デルタ

1月31日発売予定

大阪大学出版会

帝国日本の移動と動員

今西一/編集
飯塚一幸/編集
中村平/著
ほか

本体価格:5,800円+税

判型:A5

openbd

月次:
331位

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本がアジアに侵略した時代。朝鮮沿岸への出漁、台湾高地での土地の囲い込み、満州の鉱業移民他を検証、国内、硫黄島の住民問題、また朝鮮における愛国婦人会活動、在韓日本人女性の帰還ほか全10章に亘って詳細に論じる。
目次
序「満洲移民」研究の問題点 <br>
1, 日清戦争前後の「朝鮮通漁」と出漁者団体の形成 <br>       
2, 明治の技師山本小源太の軌跡 <br>
3, 台湾高地先住民の土地と生の囲い込み <br>
4, 樺太における「国内植民地」の形成 <br>
5, 満洲鉱業移民構想の成立と挫折 <br>
6, 北硫黄島民の生活史における移動とディアスポラ化<br>
7, 植民地朝鮮における妓生の再組織化と社会的活動 <br>
8, 明治大正期の樺太・サハリンにおける公娼と半公娼 <br>
9, 植民地朝鮮における愛国婦人会 <br>
10, 在韓日本人女性の戦後 <br>

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。