近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
■電気伝導性をも含めた固体の性質を理解するためには、量子力学に基礎を置いた固体物性論の知識が必要となる。その根幹は、電子には粒子性だけでなく、波の性質があるという事実である。
■さらに、電子はフェルミ粒子であり、ひとつのエネルギー準位に1個の電子しか入れないという性質を有する。このため、絶対零度でも温度に換算すれば70000Kを超える高いエネルギーを持った電子が存在する。
■そして、エネルギー空間においてではあるが、格子との相互作用によって、エネルギーギャップが生じる。このギャップの存在こそが、良導体や絶縁体、半導体の電気的性質を決めている要因である。
■本書では、電子が波であるという量子力学の考えを基礎として、固体内の電子の挙動を明らかにしている。(本書「はじめに」より)
目次
はじめに
第1章 オイラーの公式と波数
第2章 量子力学とフェルミ分子
第3章 自由電子モデル
第4章 結晶構造
第5章 逆格子空間
第6章 格子振動
第7章 周期ポテンシャル
第8章 バンド理論
第9章 タイトバインディング近似
第10章 電子の運動
第11章 半導体
第12章 磁性
第13章 強磁性
第14章 誘電現象
索引
著者略歴
村上雅人(ムラカミマサト)
1955年2月13日生まれ 1984年3月東京大学工学系大学院博士課程修 1984年4月 新日本製鉄(株)第一技術研究所研究員 1988年4月 超電導工学研究所主任研究員 1993年7月 超電導工学研究所第七研究室長 1995~1997年 名古屋大学客員教授 1997~2001年 岩手大学客員教授 2001~2003年 東京商船大学客員教授 2003年〜   芝浦工業大学教授 2015年~   芝浦工業大学学長 所属学会 低温工学協会、日本金属学会、応用物理学会、日本物理学会、日本磁気学会、ほか 学外 関東工学教育協会常務理事、日本数学検定協会評議員、ほか

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。