近刊検索 デルタ

2018年2月16日発売

成甲書房

DVD 活字に出来ない《落合秘史4》

天皇とイスラエル十支族~ユダヤの正体
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
教育界、史学界震撼!「天皇渡来人説」を全面否定する。
陛下・殿下が天覧・台覧の落合古代史、戦後自虐史観の黒幕を暴く!
天皇家のルーツは本邦である!日ユ同祖論には隠された意図があった。

[目次]
第1章:日本人の起源と旧人類の渡来
第2章:ユダヤのルーツ
第3章:神武天皇と物部氏
第4章:日本に渡来したイスラエル十支族
第5章:物部氏の天孫皇統への背乗り工作
第6章:日本人とユダヤ人の遺伝情報
第7章:サンカとイスラエル十支族
第8章:秦氏の正体
第9章:中国に入ったウバイド人「陳氏=サエキ」
第10章:秦氏に潜入したイスラエル十支族
第11章:秦氏とマニ教
第12章:日本と一神教
第13章:豊臣秀吉の國體黄金
第14章:西郷隆盛と覇道一神教
第15章:マッカーサーと國體黄金
第16章:「日ユ同祖論」と黄金ファンド
第17章:「欠史八代」と「半島優越史観」
著者略歴
落合 莞爾(オチアイカンジ)
1941年、和歌山市生まれ。東京大学法学部卒業後、住友軽金属を経て経済企画庁調査局へ出向、住宅経済と社会資本の分析に従事し、1968~69年の『経済白書』の作成に携わる。その後、中途入社第1号として野村証券に入社、商法および証券取引法に精通し、日本初のM&Aを実現する。1978年に落合莞爾事務所を設立後は経営・投資コンサルタント、証券・金融評論家として活躍。日本および世界の金融経済の裏のウラを熟知する人物として斯界では著名な存在である。近年は京都皇統からの仄聞情報を基にした日本史に関する見解を「落合秘史」として発表し続けている。著書に『金融ワンワールド』、國體古代史に敢然と挑んだ『天皇とワンワールド(国際秘密勢力)』、『天皇と黄金ファンド』、『天孫皇統になりすましたユダヤ十支族』、「落合・吉薗秘史シリーズ」として『「吉薗周蔵手記」が暴く日本の極秘事項』、『國體アヘンの正体』、『日本皇統が創めたハプスブルク大公家』(いずれも成甲書房)などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。